メニュー

交通事故弁護士

過失割合を大幅に減少させることができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

過失割合を大幅に減少させることができた事例

争点:
過失割合
対応事務所:
名古屋支部

事案の概要

交差点において、ご依頼者様車両が直進中、一時停止していた右方車両が突然交差点に進入してきたため、後方部分に衝突された事案につき、過失割合についてご相談をいただきました。

弁護士法人ALG名古屋支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

一般的に、一時停止規制のある交差点において、一時停止規制を受ける側の車両と他方車両の基本過失割合は、双方同程度の速度の場合、80対20とされております。

また、一時停止規制を受ける側の車両が、一時停止後、左右確認し徐行の上で交差点に進入した場合の基本過失割合は、60対40とされております。ご相談いただいた事案においても、相手方からの提示は一時停止後の基本過失割合に従ったものでした。

もっとも、本案件では、交差点進入時点において、停止していた相手方車両が、ご依頼者様車両が交差点通過途中に急発進して後方から衝突したという事情がありました。

当方としては、このような一般的な基本過失割合が想定している事実関係との相違点及び類似裁判例を調査し、主張することで、ご依頼者様の過失割合を大幅に減少させることができました。有利な事実関係を詳細に主張したことで、よい結果につながった事案です。

名古屋支部の解決事例一覧はこちら