メニュー

交通事故弁護士

シングルマザーの休業損害が争いになった事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

シングルマザーの休業損害が争いになった事例

ご依頼者様の症状:
腰椎捻挫(むちうち)
争点:
休業損害
対応事務所:
名古屋支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害 0円 約32万円 請求額全額が認められる

事案の概要

ご依頼者様は、シングルマザーで、正社員としてフルタイムで稼働しながらお子さんを育てられていました。 ご依頼者様は、当然ながら、お子さんのために食事作り、掃除、洗濯といった家事労働もこなされていました。

事故によりむちうち症状が出ましたが、ご依頼者様は休まず仕事に行かれておりましたところ、保険会社から休業損害は0円であるとの提示がされました。 ご依頼者様は、生活のために仕事を休むわけにはいかないので無理をしていたにすぎないのに、提示額が0円であるのは納得ができず相談に来られました。

弁護士法人ALG名古屋支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

確かに、給与所得者の場合、休業がなく、現実に減収が発生していなければ休業損害は発生しません。ご依頼者様も、給与所得者であるため、休業しておらず減収がない以上休業損害が発生しないのが原則です。

しかし、ご依頼者様の場合、担当弁護士は、ご依頼者様は給与所得者かつ家事従事者という二面性をお持ちと評価できると考えました。
そこで、ご依頼者様から、治療期間中、事故前の家事労働の実態(平日・休日に家事に費やす時間等)、更には事故後、どの程度家事に影響が出ていたかを詳細に聴取しました。これらの聴取結果をもとに、平日・休日の各一日あたりの賃金相当額、事故によって家事労働能力に何パーセント制限を受けていたかを詳細に起案し、保険会社に休業損害として約32万円請求しました。

その結果、保険会社は休業損害の請求額を全額認めました。
ご依頼者様がシングルマザーであるという特殊性に着目し、事故前の家事労働の実態、事故による影響の程度を詳細に起案した結果、保険会社の反論を困難にし、交渉が奏功した事案でした。

名古屋支部の解決事例一覧はこちら