メニュー

交通事故弁護士

営業車の休車損害が問題となった事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

営業車の休車損害が問題となった事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
なし
争点:
休車損害
対応事務所:
名古屋支部

事案の概要

ご依頼者様の営業車両が駐車場に駐車中に、道路で発生した交通事故の事故車両が衝突した事案で物損のみが問題となった事案でした。
本件では、営業車両の使用ができなかったことにより損害(休車損害)が発生しましたが、営業利益の立証資料が乏しいため、休車損害の請求が争点となる事案でした。

弁護士法人ALG名古屋支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、営業車両の使用に関する事実関係を詳細に聞き取り、聞き取った内容を書面にして相手方保険会社と交渉をしました。しかし、客観的に利益を裏付ける証拠が存在しなかったため、当方が主張する休車損害を認めさせることは困難でした。

そこで、実損での主張から方向転換し、賃金センサスを用いて休車損害を計算することに主張を代えて、交渉を行いました。交渉の結果、賃金センサスを用いて休業期間中の休車損害をすべて支払う内容の示談が成立しました。

客観的な資料がないなかで、ご依頼者様の主張を基に休車損害を支払うよう粘り強く交渉したことが、賃金センサスを基にした休車損害の支払いの際に当方の主張額が全額認められることにつながったと思われる事案でした。

名古屋支部の解決事例一覧はこちら