メニュー

交通事故弁護士

配偶者の介護の必要性等の主張により、通常より長い労働能力喪失期間が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

配偶者の介護の必要性等の主張により、通常より長い労働能力喪失期間が認められた事例

後遺障害等級:
12級13号
ご依頼者様の症状:
眩暈
ふらつき
争点:
賠償金額(主婦休損、逸失利益)
対応事務所:
名古屋支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約334万円 約952万円(自賠責保険回収分含む) 約618万円の増額

事案の概要

70歳近くの高齢者がバスに乗車中にバスが事故を起こし、ご依頼者様が怪我をした事案です。12級13号の後遺障害を獲得しましたが、相手方から提示された賠償案が適切かどうかを相談されました。

弁護士法人ALG名古屋支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者は高齢者の夫婦二人暮らしで、保険会社からの第1案では、休業損害及び逸失利益が発生することは認めつつも、非常に低額でした。

ご依頼者様から具体的な生活状況等を聞き取りをしたところ、配偶者は過去の病気により介護が必要な状況であるとの回答を得ました。

そこで、ご依頼者夫婦にとって、ご依頼者の主婦としての活動・必要性、介護の状況及び事故によりそれができなくなったことを意見書として書面で主張したところ、相手方が当方の主張を受け入れ、休業損害及び逸失利益の大幅な増額を獲得しました。

なお、12級13号の事案であれば、逸失利益の労働能力喪失期間は10年とされることが多いですが、介護は10年で終わらないこと等から、平均余命ベースで主張を展開したところ、通常より長い12年の労働能力喪失期間が認められました

名古屋支部の解決事例一覧はこちら