交通事故弁護士

後遺障害等級14級9号で575万円が支払われた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級14級9号で575万円が支払われた事例

後遺障害等級:
14級9号
争点:
後遺障害逸失利益
対応事務所:
大阪支部

事案の概要

ご依頼者様は50代男性で元会社員。収入の根拠として源泉徴収票があるが、課税証明書では非常に低額な所得が記載されており、現実収入について争われていました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

最終的には賃金センサスをベースで休業損害及び後遺障害逸失利益が計算されたため、後遺障害等級14級9号でありながら、自賠責保険からの既払金75万円を除き575万円が支払われました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら