メニュー

交通事故弁護士

高級車の修理費において、評価損(格落ち)が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

評価損(格落ち)が認められた事例

争点:
評価損
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0 修理費の2割 評価損を請求

事案の概要

ご依頼者様の所有するドイツの自動車メーカー製の高級車が交通事故に遭い、約120万円の修理代がかかったという事案で、ご依頼者様から、いわゆる評価損(格落ち)を請求してほしいというご相談を頂き、弁護士法人ALG大阪支部で受任することになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当初、相手方保険会社との示談交渉において、評価損を主張していくことになりましたが、ご依頼者様のお車は登録から既に5年が経過していることなどから、相手方保険会社は、全く評価損を認めてくれませんでした。

たしかに、ご依頼者様のお車は登録後5年程度経過していましたが、ドイツの高級自動車メーカーが製造する車であり、事故当時270万円程度の時価額であったこと、走行距離が2万キロ程度と登録からの年数に比して比較的少ないこと、損傷が骨格部位にまで及んでいたことなどから、評価損が認められる可能性もゼロではないと考えられたため、訴訟を提起することになりました。

訴訟を提起するにあたっては、自動車査定協会の事故減価額証明書・事故にあった車を売却した際、実際に事故歴のせいで下取り額が減額されていた資料などを収集した上で、適切な主張を行ったところ、裁判所から修理費の2割を評価損として認めるとの和解案が提示されたことから、その内容で、裁判上の和解が成立しました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら