メニュー

交通事故弁護士

被害者の代車費用の負担を0円にした事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

被害者の代車費用の負担を0円にした事例

争点:
代車費用
対応事務所:
大阪支部

事案の概要

ご依頼者様が交通事故のために傷ついた車を修理に出したところ、修理工場の都合で修理の完了まで1か月程度かかると言われていました。1か月間も車が使えないと困るということで、ご依頼者様は修理完了までレンタカーを借りられていたのですが、保険会社は代車費用として1週間分のレンタカー利用料金相当額を提示してきました。

弁護士法人ALG大阪支部にご依頼くださった際、ご依頼者様は、事故から2週間程度経過した頃でしたが、この先修理完了までのレンタカー利用料金が請求できるものかどうかを不安に思っておられました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず修理工場に電話をして、修理完了までに1か月程度かかる理由を聞き取ったところ、修理工場が忙しいこともあるけれども、部品の取寄せや傷の位置等の関係から、修理自体にも2~3週間程度は必要であるということが判明しました。

そのため、保険会社に対しては、資料をそろえたうえで修理期間として3週間は必要であること、1週間程度では到底相当な金額とはいえないことを説得しました。

また、今回、ご依頼者様がレンタカーを借りるにあたって、窓口となったレンタカー会社の店舗が、代車費用は全額相手方に持ってもらえるから長く借りると良いなどと言っていたこともわかりました。

ご依頼者様は、代車費用について弁護士法人ALG大阪支部にご相談くださった際、交通事故案件担当弁護士から「代車費用は全額支払ってもらえるとは限らないですよ。」とアドバイスを受けていたことから、ご相談後すぐ、ご自分の車の修理が終わっていないにもかかわらず、レンタカーを返しに行こうとされたのです。ところが、レンタカー会社は、借りていればいいからと言って借りさせてしまったようです。 そうすると、ご相談者様が事故後2週間でレンタカーを返していればその先のレンタカー費用は発生していなかったのですから、その分はレンタカー会社がご案内のために招いた費用でしょう。

結局、この事例は、事故後2週間までは保険会社が、その先はレンタカー会社が費用を負担し、ご依頼者様は代車費用を負担されないという結果になりました。

事実の丁寧な聴き取りがなければ、このような解決には至らなかったでしょう。

大阪支部の解決事例一覧はこちら