メニュー

交通事故弁護士

高齢主婦の休業損害・後遺障害逸失利益が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

高齢主婦の休業損害・後遺障害逸失利益が認められた事例

後遺障害等級:
14級
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害逸失利益
休業損害
対応事務所:
大阪支部

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故により、頸椎捻挫・腰椎捻挫の傷病を負われていました。治療段階から当事務所で受任させていただき、必要な資料を収集した上で自賠責に対して後遺障害等級申請を行ったところ、後遺障害等級14級であるとの認定を受けました。ご依頼者様は、年金暮らしのご主人と同居されている主婦の方で、症状固定時70歳でした。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当初、後遺障害等級14級を前提に、相手方保険会社と示談交渉を行っていましたが、相手方保険会社は、ご依頼者様が年金暮らしのご主人と同居されているご高齢の主婦であることを理由に、主婦休損・後遺障害逸失利益を一切認めようとしませんでした。

相手方保険会社が全く譲歩の姿勢を見せなかったことから、示談交渉成立の余地はないものと考えられたので、ご依頼者様と協議し、交通事故紛争処理センターに申立てを行うことになりました。

交通事故紛争処理センターの期日においては、類似裁判例・陳述書等の適切な資料を収集した上で、ご依頼者様の交通事故前の家事従事の実態、交通事故によって家事に支障が生じていること等を主張したところ、交通事故紛争処理センターの相談担当弁護士から、年齢別賃金センサスの80%を基礎収入として、主婦休損・後遺障害逸失利益を認める和解あっせん案の提示がありました。

最終的に、和解あっせん案どおりの示談が成立し、相手方保険会社からの当初の提示額からは約170万円の増額となりました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら