メニュー

交通事故弁護士

労災において10級の9が認定され賠償額も増額した事例(別表第二第10級10号)

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

労災において10級の9が認定された事例(別表第二第10級10号)

後遺障害等級:
10級の9
ご依頼者様の症状:
左上腕骨大結節骨折
左肩関節の機能障害
争点:
損害賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約280万円 約600万円 約320万円の増額

事案の概要

ご依頼者様(50歳・女性・准看護師)は、原付に乗車して直進していたところ、歩道を走行していた自転車が突然車道を横切ろうとして衝突し、左上腕骨大結節骨折の傷害を負いました。
事故から13ヶ月で症状固定をして、それから約2ヶ月後、左肩関節の機能障害について「1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」(障害等級第10級の9)と認定された事案でした。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方代理人からの提示内容は、後遺障害診断書によると後遺障害等級12級6号に該当するとし、過失相殺前の損害額が約1110万円、過失相殺・損益相殺(労災休業補償給付金及び労災障害(補償)一時金)後の損害額を約280万円しか認めないというものでした。

そこで、労災の後遺障害認定の過程を明らかにするために、労働局長宛に保有個人情報開示請求を行い、後遺障害についての労基署の調査官の意見が記載されている「障害状態調査書」を取得し、後遺障害等級について10級の9であると説得することに成功しました。

最終的には、提示額の約9割である約1762万円、過失相殺・損益相殺後の損害額も600万円を超える提示を引き出すことに成功しました。
なお、過失割合についても、裁判例を参考にするとご依頼者様:相手方=6:4が相当といえましたが、物損において激しい交渉を経て5:5で示談していたため、その割合を維持して示談することができました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら