メニュー

交通事故弁護士

交渉の結果、代車費用と評価損が認められ約76万円の増額に至った事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交渉の結果、代車費用と評価損が認められ約76万円の増額に至った事例

争点:
自動車の評価損
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約114万 約190万 約76万円の増額

事案の概要

本件事故は、四輪自動車同士の事故で、居眠り運転をしていた相手方が対向車線を走行していたご依頼者様の車両右側面のにぶつかったのち、後続車と正面衝突をしたという事案です。

事故によりご依頼者様は怪我を負うとともに、乗車していた車両(事故日約1年前に新車で購入)の修理費用が100万円を超えるものでした。
人身・物損ともにご依頼を受けましたが、人身については治療中であったため、物損についてまず交渉を開始することになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件では当初相手方保険会社からは物損について修理費用しか支払わない旨主張されていました。 しかし、交渉の結果、修理費用のみならず、代車費用や評価損についても損害に含んだ示談を行うことができました。

本件で特に問題となったのは評価損です。
具体的には、①そもそも評価損が認められるのか(本件では修理歴車になる損傷ではありませんでした。)、②認められるとしても本件車両は所有権留保がついたものであるから、ご依頼者様には損害は発生していないのではないか、という点です。

まず、①につきましては、評価損が認められるための要素となる、初度登録からの期間、走行距離及び車種等といったような事情につき資料を収集し、相手方に提示しました。

また、②につきましては、所有権留保がついている場合でも使用者に評価損を肯定する裁判例を可能な限り収集し(裁判例の中には肯定例と否定例のいずれも存在します。)、これを資料として添付したうえで粘り強く相手方と交渉しました。

そのような粘り強い交渉の結果、訴訟においては容易には認められない金額についてこれを獲得することができました。

評価損については、相手方保険会社において、本来認められてしかるべき場合においても否定してくる場合があります。
そのような場合であっても客観的資料等を示し、粘り強く交渉することによって評価損を獲得することができた事例であると言えます。

大阪支部の解決事例一覧はこちら