メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級併合第6級が認定され最終的に約4,450万円で示談した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級併合第6級が認定され最終的に約4,450万円で示談した事例

後遺障害等級:
併合第6級(既存障害第12級)
ご依頼者様の症状:
記憶障害や判断能力の低下
右股関節の可動域制限
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 未認定 併合第6級 等級認定からサポート
賠償金額 賠償金提示前 約4,450万円 高額の賠償金を獲得

事案の概要

ご依頼者様は交通事故により、外傷性くも膜下出血、右寛骨臼骨折等の重傷を負い、意識不明のまま緊急搬送されました。本件事故後、ご依頼者様には、記憶障害や判断能力の低下などの症状がみられるようになり、高次脳機能障害の診断を受けました。ご依頼者様は、症状固定前に後遺障害の申請や示談に向けて弁護士に相談する必要を感じられ、弁護士法人ALG&Associates大阪支部にご相談されました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1. まず、担当弁護士は、ご依頼者様の症状の聞き取りや診断書等の精査を行い、後遺障害が適正に認定されるために不足している書類はないか、追加で提出すべき書類はないか等の確認を行いました。そして、不足している資料については、担当医師に何度も連絡して適切な資料を収集しました。また、ご家族からはご家庭でのご依頼者様の様子を聞き取った上で、詳細な「日常生活状況報告書」を作成してもらいました。
なお、ご依頼者様は、10年ほど前にてんかんで脳腫瘍切除の手術を行われており、既存障害に該当する可能性が高いと考えられたため、交通事故当時、既存障害による症状はほとんどなかったことを証明する資料の収集も行った上で、後遺障害申請手続を行いました。

2. このような担当弁護士のサポートもあって、過不足のない資料をそろえることができたため、自賠責保険会社から「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」として後遺障害等級第7級4号が、また、右寛骨臼骨折後の右股関節の機能障害についても、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として後遺障害等級第12級7号が認定され、両障害を併合して併合第6級が(既存障害第12級13号)認定されました。

3. その後、担当弁護士は、後遺障害等級第6級(既存障害第12級13号)を前提として、保険会社に損害賠償を請求したところ、保険会社からは、当初かなり低額の回答がありましたが、担当弁護士が、被害者の後遺障害の程度が重大であり、仕事にも多大な支障が出ていること等を説明しながら保険会社と粘り強く交渉した結果、自賠責保険会社から支払われた約1,050万円を含めて最終的に約4,450万円の賠償額を獲得することができました(ご依頼者様と相手方の過失割合は15%:85%)。

4. このように、後遺障害申請及びその後の示談交渉について、担当弁護士からのサポートを受けて、結果としても十分な賠償額を獲得できたために、今後の生活等を心配されていた被害者にご納得いただける示談を成立させることが出来ました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら