メニュー

交通事故弁護士

粘り強い交渉の結果満足のいく過失割合と約1,300万円の賠償金額増額で合意できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

粘り強い交渉の結果満足のいく過失割合と約1,300万円の賠償金額増額で合意できた事例

後遺障害等級:
9級
ご依頼者様の症状:
左上腕骨頸部骨折
左腕神経叢損傷等
争点:
逸失利益
過失割合
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約1870万円 約3170万円(既払金を含む) 約1300万円増額
後遺障害等級 認定前 9級 意見書を添え申請
過失割合 3割 1.5割程度 過失割合を修正

事案の概要

ご依頼者様(30歳代、男性)は、バイクで道路を直進走行中、相手方がウィンカーなしに車線変更してきて、それを避けた際に転倒し、この事故により左上腕骨頸部骨折、左腕神経叢損傷などの怪我を負われました。そこで、治療段階から当事務所で受任させていただき、必要な資料を収集した上で自賠責に対して後遺障害等級申請を行ったところ、後遺障害等級9級であるとの認定を受けました。

相手方保険会社は逸失利益と過失割合について争い、当初の損害賠償額の提示は低い額でした。しかし、交渉の結果、賃金センサス男性・全年齢平均を基礎収入とすること及び過失割合を1.5割程度とすることを認めてもらい、最終的には約1300万円の増額となった事案です。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1.後遺障害等級申請

主治医から概ね症状固定に至っているとの意見が示された時点で、担当弁護士が主治医によるご依頼者様の診察と同行し、後遺障害の詳細な診断と意見聴取を行いました。

ご依頼者様は、治療中の段階から左橈骨神経麻痺・左尺骨神経麻痺が出現したと診断されていたところ、左肩を上に挙げることが困難となったこと及び左環指及び左小指が動かない、との訴えが最も切実だったことから、ご依頼者様の主治医に後遺障害診断書を記載していただくにあたり、左肩の可動域、左環指及び左小指の可動域について正確に測定していただけるように依頼しました。

その結果、左肩の関節の可動域が右肩に比べて2分の1に制限されていること及び左環指及び左小指の左環指中手指節関節、左環指近位指節間関節、左小指中手指節関節、左小指近位指節間関節の可動域がそれぞれ健側(右環指、右小指)の可動域角度の2分の1となっていることが明らかとなる内容の診断書を作成してもらうことができました。

このようにして主治医に作成していただいた後遺障害診断書等を精査し、弁護士の意見書を付したうえで認定申請を行った結果、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」として別表第二第10級10号に該当するものとして、また「1手のおや指以外の2の手指の用を廃したもの」として別表10級7号に該当するものとして判断され、これらについて別表第二備考6により、併合の方法を用いて別表第二第9級相当と判断されました。

2.相手方保険会社との交渉

そして、後遺障害等級9級の結果をもとに、相手方保険会社との交渉を開始しました。

ご依頼者様の事故当時のご収入は、賃金センサス・男性・学歴計よりも低く、相手方保険会社はご依頼者様の逸失利益について、ご依頼者様の実際の収入額を基礎に額を算定してくることが予想されました。また、物損の示談において、相手方保険会社は、当初、ご依頼者様の過失は3割であるとの主張を行い、のちにご依頼者様の過失を1割として示談が成立したという経緯があり、人身についてご依頼者様の過失割合を争ってくることも予想されました。

案の定、相手方保険会社は、ご依頼者様の逸失利益の基礎収入についてご依頼者様の事故の直近3か月の月収を基礎収入として逸失利益を算定した上で、ご依頼者様の過失割合を3割として、損害賠償額を提示してきました。

これに対し、当所の担当弁護士は、物損の過失割合が最終的に1割で合意されたことを踏まえて、検察庁から事故に関する実況見分調書等を謄写する等の精査を行い、人損についても1割であるのが相当であると主張しました。この主張を受け、相手方保険会社も、過失の件は、物損の過失割合が1割となった経緯を再度調べて検討するとの回答を得ました。

これらの粘り強い交渉の結果、相手方保険会社との間で、後遺障害逸失利益の算定については、賃金センサス・男性・学歴計によること、ご依頼者様の過失割合について1.5割程度であるとする条件で合意することができました。

最終的には、既払い金を含めて約3170万円での示談となり、総額で約1300万円の増額が認められたので、ご依頼者様は大変満足されておられました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら