メニュー

交通事故弁護士

停車中に追突された事案において、治療が終了していたものの入念な交渉を行うことで約162万円の増額に至った事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

停車中に追突された事案において、治療が終了していたものの入念な交渉を行うことで約162万円の増額に至った事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
腰椎捻挫等
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約178万円 約340万円(差引支払額) 約160万円の増額

事案の概要

本件事故は四輪自動車事故同士の事故で、渋滞で停車していたご依頼者様が、後方から来た車両に衝突されたものです。ご依頼者様運転の車両はいわゆる玉突き事故に巻き込まれたものでした。

ご相談をいただきました時点で、既に治療は終了し、後遺障害等級14級が認定されておりました。ただし、相手方保険会社の提案額があまりに低額であったことから適正な損害額の認定を求め交渉を行うことになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

上記のように、本件事故では相手方保険会社の提示する賠償額と当方の考える賠償額の主張に大きな隔たりがありました。

相手方の主張として、後遺障害の損害として慰謝料及び逸失利益を併せて95万円しか計上されておりませんでした。また入通院に伴う慰謝料も極めて低額の認定がなされていました。

本件では、ご依頼を受けた後、速やかに適正な賠償額を計算し、相手方保険会社に提示しました。

提示額を見た相手方保険会社担当者より連絡があり、入念な交渉を行った結果、上記のように当初の金額の2倍近い340万円で示談を行うことになりました。

治療が終了した後であっても、弁護士に依頼することで、賠償額の大幅な増額が見込める場合があることの一例かと思われます。

大阪支部の解決事例一覧はこちら