メニュー

交通事故弁護士

保険会社の治療費打ち切りに対抗し、後遺障害14級9号が認定され約360万円の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

保険会社の治療費打ち切りに対抗し、後遺障害14級9号が認定され約360万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
第14級9号
ご依頼者様の症状:
腰部痛
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約94万円 363万円 269万円の増額
後遺障害等級 等級認定未了 第14級9号 等級認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様はバイクで走行中に後方から自動車に追突され路上に全身を強打する交通事故に遭遇し、腰部痛を訴え、通院していましたが、事故後5か月で相手方保険会社から治療費の打ち切りを言い渡されました。
ご依頼者様はまだ強い腰部痛を感じていたため、健康保険を利用して治療を継続していましたが、相手方保険会社の代理人弁護士から損害計算書が送られてきました。まだ治療中の身であったため、治療をすぐに止めないといけないのか、相手方提示の損害額は妥当なのか、後遺障害の申請はできないのかと不安を感じ、症状固定前に後遺障害の申請や示談に向けて弁護士に相談する必要を感じられ、弁護士法人ALG&Associates大阪支部にご相談されました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1. まず、ご依頼者様は健康保険の利用につき、第三者行為による傷病届をしていなかったため、その手続きを取った上で、担当医師の意見をふまえつつ、事故後9か月間治療を継続し、ご依頼者様の納得のいく形で症状固定し、後遺障害の申請へと移行しました。

2. 後遺障害の申請にあたって、ご依頼者様の場合、腰部の症状を裏付けることができる画像等がなかったことから、ご依頼者様から、事故の状況、治療の経過、現在の症状等を詳しく聴き取りました。その上で、担当医師に後遺障害診断書を作成してもらうにあたって、留意してもらいたい自覚症状の記載やご依頼者様の状況に沿った神経学検査の実施を担当医師に依頼しました。また、事故の大きさ、それによる傷害の程度、治療の経過等をまとめ、ご依頼者様の腰部の症状がいかに将来においても回復が困難と見込まれるかを記載した意見書を作成し、後遺障害の申請をした結果、腰部の症状につき、後遺障害等級第14級9号が認定されました。

3. その後、後遺障害等級14級9号を前提に、相手方保険会社の代理人弁護士に損害賠償を請求したところ、相手方保険会社の代理人弁護士からは、相手方保険会社が治療費の支払いを打ち切った治療期間5か月を前提とする低額の回答がありましたが、事故の大きさ、ご依頼者様の症状の程度、日常生活への支障等を根気強く説明し交渉を続けた結果、自賠責保険会社からの約103万円を含め、最終的に約363万円の賠償金を獲得することができました。

4. ご依頼者様は弊所へ依頼することによって、治療期間、後遺障害の認定、最終的な賠償額の全てにおいて、満足のいく結果を得ることができました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら