メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級認定に異議申し立を行い併合11級が認められ、約874万円増額で示談できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級認定に異議申し立を行い併合11級が認められ、約874万円増額で示談できた事例

後遺障害等級:
併合11級
ご依頼者様の症状:
左膝の痛み
左膝に力が入りにくい
左右の足の長さに差がある
争点:
賠償額(逸失利益)
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約1385万 約2232万円 約847万円の増額
後遺障害等級 13級8号 併合11級 適正な等級が認定

事案の概要

ご依頼者様は、バイクで信号機のないT字路の交差点を直進しようとした際、わき道から一時停止なしに右折してきた普通自動車にはねられるという交通事故により、左脛骨・腓骨の骨折、左ひざの膝蓋骨骨折及び左膝半月板損傷の大怪我を負われました。

ご依頼者様から、相手方からの損害賠償額の提示が妥当であるのかを判断した上で損害賠償を請求してほしいというご相談を頂き、相手方と交渉を行う運びになりました。また、ご依頼者様は、ご来所当時は左足の短縮障害により後遺障害等級13級が認定されていたところ、ご依頼者様の左膝の痛みについては別個の後遺障害として認められるべきではないかという疑問もあり、後遺障害等級認定の異議申立ても併せて行わせて頂くことになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1.後遺障害等級申請

ご依頼者様からお預かりした診断書等を精査し、ご依頼者様の担当医に医療照会をした結果、ご依頼者様の左膝の痛みについては、下肢短縮によるものではなく左膝の関節の軟骨の損傷に由来するものであるとの回答を得ました。

そして、ご依頼者様の担当医の医療照会書とともに損害保険料率算出機構へ異議申立てを行った結果、ご依頼者様は、ご依頼者様の左膝の痛みについては、本件事故による左膝内側半月板損傷による膝蓋大腿関節軟骨損傷によることが容認されるとして、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として別表第二第12級13号に該当するものと判断されました。
その上で、下肢の短縮障害と合わせ、ご依頼者様は、別表第二併合第11級と判断されました。

2.相手方保険会社との交渉

そして、後遺障害等級11級の結果をもとに、相手方保険会社と交渉を開始しました。訴訟外における交渉の場合、実務上、相手方保険会社から一定の減額が主張されることが多いです。

案の定、相手方保険会社は、逸失利益について、併合級という理由だけで、当職が獲得した第11級の労働能力喪失率ではなく、第12級の労働能力喪失を採用したうえで、第12級は神経症状であるからとして、逸失利益の算定の基礎となるご依頼者様の年収を、途中から賃金センサスに従って算定し、損害額の合計として約1920万円の提示をしてきました。

これに対して、当職は、逸失利益の算定の根拠となるご依頼者様の年収は、就労可能年齢に至るまで本件事故当時の年収を基礎とすべきことを、裁判例を引用した上で主張し、賠償額を最大限まで上がるように交渉した結果、相手方保険会社は、逸失利益についてこちらの主張を受け入れました。

最終的には、損害額合計約2232万円での示談となり、当職介入前の提示である損害額合計約1385万円から総額で約847万円の増額が認められたので、ご依頼者様は大変満足されておりました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら