メニュー

交通事故弁護士

治療中のアドバイスにより併合11級が認定され、約1650万円で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

治療中のアドバイスにより併合11級が認定され、約1650万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
併合11級
ご依頼者様の症状:
骨盤骨の変形
右大腿のしびれ
争点:
賠償金額
後遺障害等級
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 症状固定前 併合11級異議申立てによる後遺障害等級の繰り上げ(14級→11級)

事案の概要

ご依頼者様は、対向車線沿道にある自宅駐車場に進入しようと右折進行した自動車を運転していた加害者が、対向車線側を走行中のご依頼者様の自転車を確認した瞬間、誤ってアクセルを踏んでしまい、ご依頼者様に衝突して跳ね飛ばした上でご依頼者様を踏みつけてしまったという交通事故により、骨盤複雑骨折の大怪我を負われました。
そこで、当時未成年であったご依頼者様のお父様より、相手方との交渉及び損害賠償の請求についてお任せしたいというご相談を頂き、相手方と交渉を行う運びになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 被害者請求及び異議申立て
ご依頼者様の症状固定前よりご依頼を受けていたため、ご依頼者様の治療中もご依頼者様のお体の状況について密に連絡を取り、ご依頼者様が通われていた病院にも適切に後遺障害診断書を書いていただくために適宜連絡を取っておりました。その結果、病院の医師には、ご依頼者様の骨盤骨折を原因とする生殖機能への影響や、骨盤骨折後の自覚症状として右大腿のしびれについてきちんと記載していただきました。

その結果をもとに、自賠責保険会社に対し被害者請求を行いましたが、自賠責保険会社は、右大腿のしびれについては局部に神経症状を残すものとして、後遺障害等級別表第二第14級9号に該当するものと認めたものの、ご依頼者様の生殖機能への影響については適切な判断を行わず、後遺障害には該当しないものと判断しました。
そこで、当職はご依頼者様の症状を適切に判断してもらい、十分な賠償を獲得するために自賠責保険会社に対し異議申立てを行った結果、右大腿のしびれについては依然遺障害等級別表第二第14級9号に該当するものと判断されましたが、骨盤骨折に伴う生殖器の障害については、将来分娩時に帝王切開が必要となる可能性があるという点を認めさせ、別表第二第11級相当の後遺障害に該当するものと判断させることに成功し、両障害を併合した結果、別表第二併合第11級の後遺障害が残存すると判断されました。

2 相手方保険会社との交渉
そして、後遺障害等級11級の結果をもとに、相手方保険会社と交渉を開始しました。本件は、生殖器へ後遺障害を残した事案であり、通常は今後の減収が想定されないため後遺障害逸失利益が認められにくいところに交渉の難しさがありました。
案の定、相手方保険会社はこちらの主張に対し代理人を立てた上で損害額について争いましたが、最終的には逸失利益を約900万円程度認めさせ、損害合計約1650万円での示談となり、相手方保険会社からの既払金や自賠責保険会社からの既払金の合計約650万円を差し引いてなお1000万円を獲得することに成功しました。この結果には、ご依頼者様は大変満足されておりました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら