メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級併合14級が認定され、最終的に約398万円の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級併合14級が認定され、最終的に約398万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
併合14級
ご依頼者様の症状:
腰部痛
臀部痛
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 賠償金提示前 約398万円 金額提示前のご依頼
後遺障害等級 等級認定未了 併合第14級 認定をサポート
過失割合 提示なし 100対0 被害者の過失ゼロ

事案の概要

ご依頼者様は自転車で車道左側を走行中、前方に路上駐車された自動車を発見したため、進路変更の前に後方確認したところご依頼者様の自転車のすぐ後ろに相手方運転の自動車が接近しており、そのまま追突され自転車のまま転倒させられました。この交通事故によりご依頼者様は腰痛、臀部痛、右足の付け根から膝にかけてのしびれ等を訴え、通院を続けていましたが、事故後6か月を目途に相手方保険会社から治療費の打ち切りを打診されたため、その後の後遺障害等級の認定申請や示談交渉に向けて弁護士に相談する必要を感じられ、弁護士法人ALG&Associates大阪支部にご相談されました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1.後遺障害の申請にあたって、ご依頼者様の場合、MRI画像において神経根の圧迫は認められましたが、主治医曰く事故によるものかは不明であるとのこと出会ったため、ご依頼者様から、事故の状況、治療の経過、現在の症状等を詳しく聴き取りました。その上で、主治医に後遺障害診断書を作成してもらうにあたって、留意してもらいたい自覚症状の記載やご依頼者様の状況に沿った神経学検査の実施を主治医に依頼しました。この後遺障害診断書をもとに後遺障害等級の認定申請をした結果、腰部及び臀部の症状につき、それぞれ後遺障害等級第14級9号が認定され、併合第14級となりました。

2.その後、後遺障害等級14級9号を前提に、相手方保険会社に損害賠償を請求し、事故の大きさ、ご依頼者様の症状の程度、仕事への支障等を根気強く説明し交渉を続けた結果、自賠責保険会社からの75万円を含め、最終的に約398万円の賠償金を獲得することができました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら