メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級が14級から9級に大幅アップし約2280万円の賠償金で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級が14級から9級に大幅アップし約2280万円の賠償金で示談が成立した事例

後遺障害等級:
9級10号
ご依頼者様の症状:
左足の複合性局所疼痛症候群
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級9号 9級10号 等級大幅アップ
賠償金額 未提示 約2280万円(自賠責保険分を含む) 金額提示前のご依頼

事案の概要

被害者の方は信号のある交差点において、青色信号に従って自転車に乗車して横断歩道を走行中、右折してきた車にはねられたという事案でした。事故により、左第2中足骨骨折、左第1中則骨骨頭骨折、左背部打撲、頚椎捻挫、左胸部打撲等の重傷を負われ、左足に非常に強い神経痛が残存しました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士法人ALGにご依頼をいただいた時点において、既に被害者請求の手続きが行われており、後遺障害は認定されたものの、14級9号という最も低い等級が認定されるにとどまっていました。しかし、ご依頼者様の症状からしますと、明らかに14級9号という等級には見合わない後遺障害が残存しており、ご依頼者様も14級9号という等級の妥当性には疑問を抱いておられました。

そこで、まずはご依頼者様と共に通院時に診察をしていた医師と面談を行い、複合性局所疼痛症候群を医学的見地から根拠づけることとし、医師に交渉して、再度、ご依頼者様の症状を詳細に記載した後遺障害診断書を作成していただきました。

新たに得られた後遺障害診断書をもとに異議申立てを行うと、複合性局所疼痛症候群による後遺障害の残存が認定され、等級も14級9号から9級10号へと大幅に上げることができました。
自賠責保険からの支払額だけでも、14級9号であれば75万円にとどまりましたが、9級10号では616万円の支払いがなされます。
異議申立ての等級結果を受け、保険会社と示談交渉を行うと、最終的には自賠責の支払額も含め、2283万5429円(治療中の治療費等は除く。)にて示談が成立しました。

「もし、弁護士に相談せずに後遺障害診断書を取り直していなければ」「もし、異議申立てをせずに等級が14級9号のままであったなら」「もし、弁護士に相談せずに示談をしていたら」、ご依頼者様は事故で被った損害に見合わない非常に少額の賠償金で示談をさせられていたことでしょう。

保険会社は、後遺障害の認定手続きそのものは代行してくれますが(事前認定といいます。)、適切な後遺障害の認定がなされるように必要十分な資料を被害者に代わって集めてくれるわけではありません。その点で、事故によって後遺障害を被ったと感じられれる場合は、必要十分な資料をそろえ、適切な等級認定が行われるよう、弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

大阪支部の解決事例一覧はこちら