メニュー

交通事故弁護士

過失が25%認められる事案でありながら、約84万円の賠償金増額を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

過失が25%認められる事案でありながら、約84万円の賠償金増額を獲得した事例

後遺障害等級:
13級
ご依頼者様の症状:
左脛骨開放骨折
左腓骨骨折後の下肢長差
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約366万円 約450万円 約84万円増額
過失割合 未確定 25:75 確定前のご依頼

事案の概要

ご依頼者様は、横断歩道のない道路を、道路が渋滞していたため車両の間をすり抜けて通行しようとしたところ、ご依頼者様に気づかずに走行してきた加害者車両にはねられてしまったという交通事故により、左脛骨開放骨折、左腓骨骨折等の大けがを負われました。
そこで、当時未成年であったご依頼者様のお母さまより、相手方が提示した金額が妥当であるかについての相談及び相手方への損害賠償の請求についてお任せしたいというご相談を頂き、相手方と交渉を行う運びになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 被害者請求

ご依頼者様の症状固定後にご依頼を受けていたものでありますが、まずはご依頼者様が十分に救済が得られるように、異議申立てより開始しました。自賠責保険会社は、結果として異議申立てを認めませんでしたが、ご依頼者様とご相談の上、この結果(後遺障害等級13級相当)を前提として相手方と金額交渉を開始しました。

2 相手方保険会社との交渉

訴訟外における交渉の場合、実務上、相手方保険会社から一定の減額が主張されることが多いです。とりわけ、減額を主張される可能性が高いのが、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益です。
本件でも、当職介入前における相手方の事前の提示は、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益について裁判所基準よりも低い金額を提示しておりましたが、こちらが算定し主張した裁判所基準に基づく損害額に対しても、後遺障害逸失利益については当職の主張を認めつつ、傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料について減額を主張しておりました。しかしながら、当職の粘り強い交渉の結果、ご依頼者様の過失が25%認められる事案でありながら、相手方保険会社の既払金、自賠責保険会社からの既払金及び過失相殺額を差し引いてなお合計450万円を獲得することに成功しました。この結果には、ご依頼者様は大変満足されておりました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら