メニュー

交通事故弁護士

治療終了後でも500万円以上の増額を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

治療終了後でも500万円以上の増額を獲得した事例

後遺障害等級:
11級
ご依頼者様の症状:
嗅覚障害等
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 1000万円 1541万4358円 治療終了後の大幅増額

事案の概要

本件事故は歩行者と四輪自動車との間の事故で、交差点を横断していたご依頼者様が、右折車に衝突されるとの態様の事故でした。
ご相談をいただきました時点で、既に治療は終了し、後遺障害等級11級が認定されておりました。ご依頼者様ご自身でも交渉を行ったとのことでしたが、ご本人での交渉では限界があり、適正な損害額の認定を求めるため弊所が介入し交渉を行うことになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

上記のように、本件事故では相手方保険会社の提示する賠償額と当方の考える賠償額の主張に大きな隔たりがありました。
相手方の主張として、後遺障害の損害として慰謝料及び逸失利益が極めて低廉な認定がなされておりました(特に逸失利益については、「11級」と記載しながら12級を前提をしたかのような計算が行われていました。また入通院に伴う慰謝料も極めて低額の認定がなされていました。

本件では、ご依頼を受けた後、速やかに適正な賠償額を計算し、相手方保険会社に提示しました。
提示額を見た相手方保険会社担当者は難色を示し、当初は1400万円を超えては認めない態度を採っておりましたが入念な交渉を行った結果、さらに100万円以上を上乗せした上記の金額(当初の提示額からは500万円以上の上昇)で示談することができました。
治療が終了した後であっても、弁護士に依頼することで、賠償額の大幅な増額が見込める場合がある
ことの一例かと思われます。

大阪支部の解決事例一覧はこちら