メニュー

交通事故弁護士

症状がカルテから裏付けられていることを詳細に主張し、後遺障害等級を争う異議申立てを行った結果、併合14級と認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

症状がカルテから裏付けられていることを詳細に主張し、後遺障害等級を争う異議申立てを行った結果、併合14級と認定された事例

後遺障害等級:
併合第14級
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 併合14級 認定をサポート

事案の概要

信号待ちで停車中のところ,後方から自動車が追突した事故。
被害者は,事故から継続的に通院治療し,受傷後約8カ月で症状固定となった。
ご依頼時点では,既に加害者側保険会社を通して事前認定が行われており,非該当との結果であった。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弊所弁護士が介入して交渉することで大幅に増額された損害費目は以下のとおりです。

受任時点で非該当との結果が出ていたところ,ご依頼者様の状態として,現在も症状が続いており,仕事にも支障が出ているとのことでしたので,後遺障害等級を争う異議申立ての手続きを行なうこととなりました。
異議申立てにあたり,通院していた医療機関からカルテを取り寄せ,つぶさに検討したところ,継続的に症状を訴えていたこと,治療部位と受傷部位が一致し,自覚症状に一貫性が認められることが裏付けられました。
そこで,異議申立てにあたっては,ご依頼者様の症状が医療機関におけるカルテから裏付けられていることを詳細に主張し,新たな証拠と共に申立てを行ないました。
その結果,ご依頼時点では頚部および腰部ともに後遺障害等級は非該当という結果だったものが,頚部および腰部ともに14級9号に該当し,併合14級と認定される結果に至りました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら