メニュー

交通事故弁護士

約3年の訴訟を経て、ほぼご依頼者様の主張に沿う認定を前提とした和解案を双方が受け入れた結果、1000万円の損害賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

約3年の訴訟を経て、ほぼご依頼者様の主張に沿う認定を前提とした和解案を双方が受け入れた結果、1000万円の損害賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
12級7号
ご依頼者様の症状:
腰部・右大腿部打撲
右膝前十字靭帯損傷
争点:
受傷と事故との因果関係
損害金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 約500万円 1000万円 約500万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は会社員で、自転車に搭乗して直進走行中、わき道から飛び出してきた普通乗用自動車に衝突されて転倒し、右膝前十字靭帯損傷の重傷を負う事故に遭われました。
約1年にわたる入通院加療後、ご依頼者様は右膝前十字靭帯再建術を希望されていましたが、相手方保険会社が手術費の対応を認めず、再建術を受けない状態で症状固定となり、12級7号の認定を受けました。
その後、相手方保険会社から損害賠償額の提示を受けましたが、その金額の妥当性に疑問を抱かれ、相談に来られました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社の提示額は、慰謝料(入通院慰謝料、後遺障害慰謝料とも)が裁判基準より相当程度低額であったほか、逸失利益の対象期間も不合理に短期間であったことなどから、これらの点について増額を目指す交渉を目指して介入しました。
ところが、弊所が相手方保険会社と接触すると、低額な提示額の背景に、相手方保険会社がご依頼者様の右膝十字靭帯損傷について、過去に同種同部位の既往があることを疑っており、素因減額の主張が可能であると考えているとの事情があることがわかりました。これについては、ご依頼者様から事情をお聞きし、相手方保険会社に対して素因に相当する事実がないことを繰り返し説明しましたが、保険会社は言を左右にして回答を留保する姿勢を譲りませんでした。
このため、ご依頼者様と相談の上、やむなく訴訟の提起に踏み切ることとなりました。
本件では、そもそも事故と受傷との因果関係には争いはなく、事前の示談交渉も、訴訟の開始段階でもその点は争点ではありませんでした。しかし、訴訟開始からしばらくたって、被告側が医療記録等からご依頼者様の受傷が事故と関わりがなく、事故以前に生じていたものであるとする医学意見書に基づき、事故と受傷との因果関係を否認する主張に転じました。
このため、弊所で協力医を求め、医学意見書を取り付けるなどして反論を行いました。
その後、被告側から再度の医学意見書の提出があり、これに対しこちら側から再反論の医学意見書取り付け及び提出を行うなど訴訟は紛糾を極めました。
約3年の訴訟を経て、裁判所は、因果関係その他の責任論の全般について、ほぼご依頼者様の主張に沿う認定を前提とした和解案を提示しました(既払い金を除き1000万円を被告が支払う内容)。当事者双方が裁判所の和解案を受け入れ、この結果、ご依頼者様は、1000万円の損害賠償金を受け取ることが出来ました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら