メニュー

交通事故弁護士

粘り強い交渉の結果、相手方保険会社の既払金を差し引いてなお合計1500万円以上の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

粘り強い交渉の結果、相手方保険会社の既払金を差し引いてなお合計1500万円以上の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
併合11級
ご依頼者様の症状:
左鎖骨の変形障害
中枢神経障害
右上肢(肩関節)の機能種がい
胸腹部臓器の傷害
争点:
賠償金額
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約516万円 約1554万円 約1038万円増額

事案の概要

ご依頼者様は,普通自動車で信号機のある交差点を青信号で通過中,赤信号を無視した加害者車両に右側から高速で追突されたという事故により,右肩の骨折,右鎖骨骨折,急性硬膜下血腫,脳挫傷,腹腔内出血等の大けがを負われました。
ご依頼者様は,この大きな事故から何とか一命をとり止め意識を回復した後,入通院を経て治療が終了した後,相手方より損害賠償額を提示されましたが,ご依頼者様より,相手方が提示した金額が妥当であるのについてのかの相談及び相手方への損害賠償の請求についてお任せしたいというご相談を頂き,相手方と交渉を行う運びになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 損害項目の精査

ご依頼者様が十分に救済が得られるように,まずは相手方保険会社の提示した損害賠償の項目を精査いたしました。
その結果,当時,ご依頼者様は無職であったものの求職活動中であったことが見逃され休業損害の項目が計上されていなかったこと並びに慰謝料及び後遺障害逸失利益の項目が裁判所における相場よりも著しく低いことが判明いたしました。
そこで,当職は,ご依頼者様が求職中であることの証明となる資料を取り付けたうえで,相手方保険会社と金額交渉を開始しました。

2 相手方保険会社との交渉

訴訟外における交渉の場合,実務上,相手方保険会社から一定の減額が主張されることが多いです。
とりわけ,減額を主張される可能性が高いのが,傷害慰謝料,後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益です。
本件でも,当職介入前における相手方の事前の提示は,傷害慰謝料,後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益について裁判所基準よりも低い金額を提示しておりましたが,こちらが算定し主張した裁判所基準に基づく損害額に対して,このいずれの項目についても減額を主張しておりました。
しかしながら,当職の粘り強い交渉の結果,相手方保険会社の既払金を差し引いてなお合計1500万円と,当初の提示よりも1000万円以上の増額に成功しました。
この結果には,ご依頼者様は大変満足されておりました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら