交通事故弁護士

後遺障害等級併合9級が認定され約500万以上の増額が認められた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級併合9級が認定され約500万以上の増額が認められた事例

後遺障害等級:
併合9級
ご依頼者様の症状:
右母指の中手指関節及び指関節の可動域制限
胸腰椎部の運動障害
争点:
賠償金額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 729万円 1275万円 500万円以上の増額

事案の概要

ご依頼者様は、親族方が運転する車両の同乗していたところ、ハンドル操作の誤りにより車両がガードレールに衝突してしまいました。

この事故により、ご依頼者様は、30日間の入院と、1年近くの通院を要する肋骨、胸椎、右手指の骨折の傷害を負いました。

ご依頼者様は、事前認定の結果、後遺障害等級併合9級の認定を受けました。そして、相手方側の保険会社から賠償案を提示され、このままの賠償額で示談してしまってよいのか、疑問に思われました。そこで、専門家に依頼する必要を感じられ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が加害者側の保険会社と交渉したことにより、保険会社から既払額を除いて1275万円以上の賠償金を獲得しました。

担当弁護士が関与する前は、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料及び逸失利益の認定額が低かったのですが、加害者側の保険会社からの提示額から500万円以上の増額が認められ、ご依頼者様のご納得の上で示談を結ぶことができました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら