交通事故弁護士

車両の損傷状況から事実関係を説明し過失割合を修正した事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

車両の損傷状況から事実関係を説明し過失割合を修正した事例

争点:
過失割合
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 2:8 1:9 過失を1割に

事案の概要

30代男性(依頼者)の運転する普通乗用車と、相手方の運転する普通乗用車が、互いに直進中、交差点において衝突したという事案です。

双方の道路幅には大差はありませんでしたが、相手方側には一時停止規制がありました。
事故のあった交差点は、互いに見通しは良くありませんでした。

ご依頼者様は、あまりよく知らない場所だったこともあり、ゆっくりと車を走らせて交差点内を走行していましたが、そこへ相手方が一時停止せずに通常の速度で交差点に進入し、相手方車両の前面をご依頼者様の車両の右脇に衝突させました。

相手方保険会社は、過失割合について依頼者:相手方=2:8と主張していましたが、ご依頼者様は納得せず、当法人に交渉を依頼しました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方は、当初、当法人弁護士に対しても、依頼者:相手方=2:8と主張していました。相手方の主張は、判例タイムズ(過失割合を決めるときに参考にされる本)を基準にしていました。また、相手方は、ご依頼者様がスピードを出していたとも主張していました。

しかし、ご依頼者様の車両の損傷状況をみると、擦過傷の位置、長さ等からして、依頼者車両がすでに交差点に進入してきたところに相手方車両が脇から衝突したものであること、また、依頼者車両がすぐに停止できる程度の低速で走行していたことなどがわかるものでした。

そこで、そのような事実関係を説明したところ、相手方保険会社の納得が得られ、依頼者:相手方=1:9となりました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら