交通事故弁護士

外車の評価損が認められた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

外車の評価損が認められた事例

争点:
被害車両の評価損
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0 修理費の20%相当 評価損を請求

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故における被害車両を修理し、保険会社に対して、評価損・格落ち(=損害車両に対して修理がなされた場合であっても、修理後の車両価格が事故前の価格を下回ること)があるとして、評価損を求めました。

被害車両は、初年度登録3年半、走行距離約2万5000kmのメルセデスベンツです。
しかし、依頼者は、保険会社から評価損は発生しないと言われたため、弁護士に交渉を依頼しました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

評価損は、初年度登録からの期間、走行距離、損傷の程度、修理の程度、車種などが考慮されます。車種については、外車のほうが認められやすい傾向にあると言われています。
評価損の金額は、多くの裁判例では、修理費の何パーセントというように、修理費を基準に評価損を認定されています。

本件では、初年度登録からの期間、走行距離、車種について類似裁判例を参照しつつ、評価損を請求できる事案であることを主張し、粘り強く交渉したところ、修理費の20%相当の評価損が認められました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら