メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級の異議申し立てを行い2級1号が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級の異議申し立てを行い2級1号が認められた事例

後遺障害等級:
2級1号
ご依頼者様の症状:
脳挫傷
外傷性くも膜下出血
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 3級3号 2級1号 等級を修正

事案の概要

事故態様は、一時停止の標識がある丁字路交差点で相手方車両が前方左右の確認を十分に行わずに交差点へ侵入したところ、交差点上を直進してきたご依頼者様運転車両と衝突したという事案です。

ご依頼者様は上記事故により脳挫傷、外傷性くも膜下出血等の症状に見舞われました。その後、神経系統の機能又は精神の障害について後遺障害等級として自賠法施行令別表第二第3級3号の認定を受けていました。

ただ、ご依頼者様が実質的に全介助状態であるとの医師の意見があったことや日常生活の動作で見守りや介助が必要な状況があったため、まだ認定内容に不服が残るということでご相談を受けました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 当法人で受任後、後遺障害等級認定の異議申立てを行いました。

既出の日常生活報告書に加えて、ご依頼者様を介護しているご親族の陳述書を作成し、ご依頼者様の日常生活における動作の具体的な様子と不都合が生じている状態を補足説明する、という準備をしました。
その結果、自賠法施行令別表第二第2級1号の認定を受けるに至りました。

2 上記1の結果が得られた後、本件事故の相手方が加入する任意保険会社に対して、本件事故の賠償額に関する示談交渉を試みました。

上記1のとおり後遺障害について2級1号に該当したことから、逸失利益、後遺障害慰謝料のみならず、ご依頼者様の将来介護費用等を具体的な損害の内容に加えて交渉した結果、賠償金6000万円を支払う内容で示談が成立しました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら