メニュー

交通事故弁護士

約5日で賠償金を増額させ早期解決した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

約5日で賠償金を増額させ早期解決した事例

ご依頼者様の症状:
むちうち(頸椎捻挫)
争点:
損害賠償額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約70万円 95万円 約5日で25万円増額

事案の概要

事故態様は、前方にいた車両が突然バックしてきたためにご依頼者様車両に衝突したというもの。ご依頼者様はむちうち症状の傷害を負いました。

ご依頼者様は、病院へはほとんど通わず、主に接骨院での施術を受けていました。
ご依頼者様は、車両損害についてはご自身で相手方保険会社と示談を済ませており、人身傷害の損害賠償請求交渉について弁護士法人ALGへ依頼しました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社からは、約70万円という赤い本の基準と比較して非常に低い額の傷害慰謝料が提案されました。これに対し当方は、赤い本基準の額を提案しました。
相手方保険会社は、ご依頼者様が接骨院しか通院しておらず、治療の必要性等について疑問があるから、赤い本基準で支払うならこれから調査が必要になる、そうすると損害賠償金支払いまで時間がかかることになる、そのようなことをしたくないなら約70万円しか支払えない等と主張しました。

ご依頼者様は早期解決を第1に希望しておりました。そこで担当弁護士は、車両損害の示談の過程で相手方保険会社担当者の誤った説明のために取り残されてしまった問題があったことも含めて交渉し、約5日で95万円に増額させました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら