メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級の認定をし交渉した結果120万円の増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級の認定をし交渉した結果120万円の増額となった事例

後遺障害等級:
14級9号
争点:
損害賠償額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
損害賠償金額 約70万円 約190万円 120万円増額

事案の概要

事故態様は、片側一車線道路上で右折して路外へ出ようとしたご依頼者様が、後ろから追い越そうとしてきた相手方車両と衝突したという事案です。

既に物損の示談の際に、過失割合をご依頼者様:相手方=10:90でまとめられていました。

そして、人身傷害については事故後約8ヶ月半で症状固定となりました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人で後遺障害等級認定申請の準備をお手伝いし、後遺障害等級14級9号と認定されました。

症状固定直後に事故の相手方の保険会社から通院交通費と傷害慰謝料のみの賠償案(70万円弱)が出されておりました。後遺障害等級の結果と併せて交渉した結果、上記過失割合の影響は受けましたが、治療費と自賠責からの保険金(75万円)を除いて計約190万円の賠償額が支払われました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら