メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級認定の結果に異議を申し立てをし14級9号が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級認定の結果に異議を申し立てをし14級9号が認定された事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
右肩関節挫傷
争点:
後遺障害等級認定
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級9号 非該当からの等級認定

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が後部座席に乗車していた(ご家族が運転)車に、運転席側から一時停止無視した車が衝突してきたもの。ご依頼者様は、項頚部痛等の症状が続き、頸椎捻挫、腰椎捻挫、右肩関節挫傷等の診断を受け、約1年間通院しました。

遺障害等級認定申請をしましたが、器質的損傷がなく自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見に乏しいこと、受傷形態や治療状況等を踏まえた結果、等級非該当という判断を受けました。

そこで、弁護士法人ALGにおいて、後遺障害等級認定異議申し立てをしました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様が通院治療を受けてきた病院から診療録を取り寄せ、記載内容を詳細に分析しました。診療録を追加提出するとともに、画像検査結果上の頸椎の変性と疼痛を関連付け、傷害が後遺障害等級に該当することを積極的に主張しました。

その結果、項頚部痛の症状について、後遺障害等級14級9号と認定されました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら