メニュー

交通事故弁護士

認められなかった代車費用を交渉によりレンタカー3週間分が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

認められなかった代車費用を交渉によりレンタカー3週間分が認められた事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
代車費用
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
代車費用 認められず レンタカー料金3週間分を請求

事案の概要

事故態様は、片側2車線の道路で直進しようとしたところ右折車両に衝突されたという事案です。

ご依頼者様車両は、時価よりも修理費が高くなるということで経済的全損となりました。ご依頼者様は新しい自動車に買い替えるまでに代車を必要としていましたが、保険会社は、ご依頼者様の側にも少なからず過失があることを理由に代車費用を認めないことを通告していました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

車の買い替えのために少なくとも3週間は要すること、保育園の送迎に自動車が必須であること、それなのに代替の交通手段がなく生活が脅かされていること、代車の費用は事故と相当因果関係の範囲内にあり、過失割合と直接関連性は乏しいこと等を主張して、保険会社に交渉しました。その結果、レンタカーについて3週間利用することを認めてもらいました。3週間でご依頼者様のもとに新しい自動車が納車されることとなり、ご依頼者様は自動車がないという生活の不便から解放されました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら