メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級併合11級の認定を受けた事案で弁護士介入後に380万円以上増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級併合11級の認定を受けた事案で弁護士介入後に380万円以上増額した事例

後遺障害等級:
併合11級
ご依頼者様の症状:
頭部外傷後の神経系統の機能障害
精神障害
嗅覚障害
争点:
賠償金額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 577万円 964万円 387万円の増額

事案の概要

ご依頼者様(大学生)は、自宅から通学のために自転車に乗って道路の端を走行していたところ、後方から来た自動車にぶつけられて路面に転倒するという態様の交通事故に遭いました。

この事故により、ご依頼者様は、事故当時から12日間入院し、退院後7日通院して症状固定の診断を受けました。

ご依頼者様は、事前認定の結果、後遺障害等級併合11級の認定を受けました。そして、相手方側の保険会社から賠償案を提示され、保護者(=親御様)共々、このままの賠償額で示談してしまってよいのか、疑問に思われました。そこで、専門家に依頼する必要を感じられ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が加害者側の保険会社と交渉したことにより、保険会社から既払額を除いて964万円以上の賠償金を獲得しました。
担当弁護士が関与する前は、後遺障害慰謝料及び逸失利益の認定額が低かったのですが、加害者側の保険会社からの提示額から380万円以上の増額が認められ、ご依頼者様のご納得の上で示談を結ぶことができました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら