メニュー

交通事故弁護士

ご依頼から2か月で100万円近く増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

ご依頼から2か月で100万円近く増額した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
右手橈骨遠位端骨折
右手関節靭帯損傷
争点:
傷害慰謝料
後遺障害慰謝料
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 362万円 460万円 約100万円の増額

事案の概要

御依頼者様(20代男性)が250ccのバイクで青信号の交差点を直進しようとしたところ、対向車が右折してきたので、御依頼者様のバイクが止まり切れず、対向車の左助手席部分に衝突しました。この事故で御依頼者様は右手首を骨折しました。

御依頼者様には、右手にしびれが出るなどの症状が残ったので、後遺障害の申請を行い14級9号が認定されました。もっとも、御依頼者様は保険会社から提示を受けた金額に納得がいかなかったので、金額の増額を当法人にご相談されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、相手方保険会社に対し、傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料について、保険会社の基準額ではなく裁判で一般的に認められている基準で定めるべきことを提示しました。

あわせて、後遺症による逸失利益について、労働能力喪失期間を10年とすることを交渉し、それに基づく逸失利益分の増額がなされました。

御依頼者様より依頼を受けて2か月で、当初保険会社より提示された金額よりも100万円近くの増額がなされました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら