メニュー

交通事故弁護士

主治医との協議により後遺障害診断書を見直し、14級9号が認定され約480万円の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

主治医との協議により後遺障害診断書を見直し、14級9号が認定され約480万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約480万円 賠償金額提示前のご依頼
後遺障害等級 認定前 14級9号 主治医との協議により認定

事案の概要

ご依頼者様車両が一般道を走行中、前方の車が急停車をしたため、ご依頼者様車両が急ブレーキを踏んだところ、後方から相手方に追突されたという事案です。

ご依頼者様は頸部と腰部を負傷しました。治療を受けた結果、頸部は回復しましたが、腰部の痛みが残る状況でした。

保険会社は当初は事故から生じた損害を賠償することを約束してくれましたが、事故から時間が経過するにつれて対応が硬直的になってきました。

ご依頼者様は適切な治療を受けることができず、賠償金についても適切な金額がわからない状況でした。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

保険会社と交渉し、治療期間を1カ月半程度延長することに合意してもらいました。その上で、主治医と後遺障害診断の見直しについて協議をし、適切な後遺障害診断書を作成してもらいました。その結果14級9号の後遺障害等級認定を受けることができました。

当該等級を前提に、弁護士が保険会社との交渉をすすめたところ、総額で500万円近い賠償金を獲得することができました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら