メニュー

交通事故弁護士

後遺障害非該当の結果に異議申立てをして、14級9号該当の認定がされた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害非該当の結果に異議申立てをして、14級9号該当の認定がされた事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
中心性頸髄不全損傷
頸椎捻挫及び腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級9号 異議申し立てにより等級認定

事案の概要

御依頼者様が、5差路になっている交差点で、青信号に従って車を直進させたところ、一時停止標識を見落とした相手方車両に側面から衝突されました。

御依頼者様は、当初、頸椎捻挫及び腰椎捻挫と診断されましたが、1年間の治療を継続した結果、最終的に両上肢の運動・知覚麻痺が残存し、医師から中心性頸髄不全損傷と診断されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、御依頼者様から後遺障害等級認定の依頼を受け、担当医から中心性頸髄不全損傷との診断が書かれた診断書を用いて後遺障害等級認定申請をしました。しかし、結果は、後遺障害には該当しないとの判断が下されました。

担当弁護士は、御依頼者様からの当該判断に対する異議申し立てのご依頼を受け、治療状況を精査し、専門機関に鑑定を依頼するなどして検討しましたが、中心性頸髄不全損傷での後遺障害等級認定は相当に困難であるとの結論に至りました。そこで、中心性頸髄不全損傷に加えて、御依頼者様の当初診断結果である、頸椎捻挫、腰椎捻挫についても申請をすることで、認定への途を拡げることにしました。

異議申立ては、中心性頸髄不全損傷については同じく非該当でした。しかし、それまでの診療記録、症状経過を勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる障害が存在するとして、14級9号に該当すると認められました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら