メニュー

交通事故弁護士

早期解決を優先し、約1ヶ月で賠償金額が45万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

早期解決を優先し、約1ヶ月で賠償金額が45万円増額した事例

後遺障害等級:
無し
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
後遺障害等級申請
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約91万円 約136万円 約45万円の増額

事案の概要

ご依頼者様車両が信号待ちで停車中、後ろからやってきた10トントラックに衝突されたという事案です。
ご依頼者様は、治療経過や医師の対応から後遺障害等級申請をする必要がないのではないかとの意見をお持ちでした。
弊所より後遺障害等級認定の手続きについて案内し、提示された資料等から認定の見込み等についてお伝えしました。
協議の結果ご依頼者様は、早期解決を目指すことを最優先し、後遺障害等級申請をせずに賠償額の増額を目指すことになりました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

後遺障害等級申請を行う場合、損害保険料率算出機構から結果が示されるまで約2カ月程度の時間がかかります。
弊所では、申請を検討される前段階で、ご依頼者様のお怪我の状況につき確認し、後遺障害等級認定が得られる見込みについてお伝えしました。
結果、後遺障害等級申請をしないことを決心されてから、1カ月という短期間で賠償金45万円を増額することに成功しました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら