メニュー

交通事故弁護士

わずか1か月程度の交渉で賠償金が35万円増額となった事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

わずか1か月程度の交渉で賠償金が35万円増額となった事例

後遺障害等級:
なし
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
休業損害
傷害慰謝料
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約105万円 約140万円 約35万円の増額

事案の概要

ご依頼者様(40代主婦)が、自動車を運転していて、信号待ちのため交差点で停止していたところ、加害自動車に後ろから追突されました。ご依頼者様は、頸椎捻挫及び腰椎捻挫の怪我を負ったため、通院による治療を開始いたしました。事故から約4か月後に治療が完了し、後遺症等は残りませんでした。

 

治療の完了を機に、ご依頼者様が保険会社に損害賠償を請求したところ、相手方保険会社が提示した賠償額は、治療費等を除いた休業損害及び傷害慰謝料について併せて57万円程度でありました。
ご依頼者様の納得できる額ではなかったので、ご依頼者様は、金額の増額について当法人に相談されました。また、その際、ご依頼者様の事情により、ご依頼者様はできるだけ早期の解決を求めておられました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、ご依頼者様の要望を受け、受任後早々に相手方保険会社との交渉を開始しました。担当弁護士は、相手方保険会社に対し、休業損害及び傷害慰謝料についての増額交渉をするとともに、被害者救済の観点から早期解決とするべきことを説得しました。

約1か月半にわたる担当弁護士の粘り強い説得が奏功し、休業損害及び傷害慰謝料について併せて35万円の増額となったため、6割以上の増額となりました。ご依頼者様は、当法人にご相談いただいてから、2か月余りで、賠償金を受領されました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら