メニュー

交通事故弁護士

専業主夫(男性)において、女性の専業主婦と同等の休業損害を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

専業主夫(男性)において、女性の専業主婦と同等の休業損害を獲得した事例

ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
左腕挫傷
争点:
休業損害
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 90万円 専業主婦と同等の額を獲得

事案の概要

ご依頼者様(40代男性、専業主夫)が、自動車を運転中に信号待ちのため交差点で停止していたところ、加害自動車に後ろから追突されました。
ご依頼者様は、頸椎捻挫、腰椎捻挫及び左腕挫傷の怪我を負ったため、通院による治療を開始いたしました。事故から約6か月後に治療が完了し、後遺症等は残りませんでした。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療完了後、担当弁護士は、相手方保険会社との交渉を開始しました。
賠償額の交渉において、家庭に入っている男性が、単なる無業者であるのか、それとも家事従事者と認定されるかは、休業補償の金額の多寡に大きくかかわります。

埼玉支部の担当弁護士は、相手方保険会社に対し、ご依頼者様の家庭では、ご依頼者様は専業主夫として稼働し、ご依頼者様の奥様が収入を得て生活している旨を説明しました。その上で、ご依頼者様の休業損害としては、男性であっても専業主夫として稼働している以上、女性の専業主婦と同等の賠償を受けられるべきことを主張しました。
相手方保険会社は、当初、男性に対して、女性の専業主婦と同等の賠償をすることについて難色を示していました。ここで、担当弁護士が相手方保険会社の見解が社会通念上不当であることを指摘しました。担当弁護士の説得を受け、相手方保険会社は、ご依頼者様が専業主夫であることを確認する資料の提示を条件として、専業主婦と同等の補償をすることを受け入れました。
休業損害について、ほぼ担当弁護士からの請求額全額に近い、90万円余りの賠償となりました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら