メニュー

交通事故弁護士

主婦休損の休業日数を増やすことができ賠償金が約60万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

主婦休損の休業日数を増やすことができ賠償金が約60万円増額した事例

ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
争点:
休業日数(主婦休損)
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 70万円 130万円 約60万円増額
休業日数 14日 60日 主婦の休業日数アップ

事案の概要

旦那様が運転する車に奥様であるご依頼者様が同乗しており、渋滞の際に停車していたところ、後方から車に追突されたという事案です。ご依頼者様は頚椎捻挫を被られました。
奥様は専業主婦で、主婦の休業損害(いわゆる主婦休損)の休業日数が問題となりました。
保険会社は事故時から一貫して、主婦の休業日数は頚椎捻挫の急性期期間相当の14日しか認めないとの主張をしていました。ご依頼者様は保険会社主張の休業日数に疑問をもたれ、弁護士法人ALGにご依頼されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療経過と症状についてご依頼者様から詳細に聴き取りをし、頚椎捻挫の家事への影響を説明する資料を作成しました。
当該資料を保険会社に提示しつつ交渉等を進めた結果、当初の保険会社提示の休業日数14日から、最終的には60日に増やすことができ、結果、約60万円の賠償金の増額に成功しました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら