メニュー

交通事故弁護士

紛争処理センターでの交渉の結果、賠償金が約145万円以上増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

紛争処理センターでの交渉の結果、賠償金が約145万円以上増額した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
左手指骨折
マレット指等
争点:
賠償金額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約277万円 約422万円 約145万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、自転車で優先道路を進行していたところ、相手方車両が脇道から飛び出し、相手方運転車両と衝突し、左手指骨折等の傷害を負いました。
ご依頼者様は、後遺障害等級について14級9号の認定を受けました。

その後、相手方保険会社から本件事故の賠償額についての打診がありましたが、ご依頼者様はどの程度の賠償額が相当であるのか、疑問に思われました。
そこで、ご依頼者は専門家に依頼する必要を感じられ、弁護士法人ALGにご相談されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

埼玉支部の担当弁護士が加害者側の保険会社と交渉したことにより、約145万円の増額がありました。担当弁護士が関与する前は、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料及び逸失利益の認定額が低いものでした。特に逸出利益については、ご依頼者様の職種を一切無視した定型的な算定でした。そこで、担当弁護士が各種証拠を収集・立証することによって、特に逸出利益について増額することができました。

今回は交通事故紛争処理センターという機関を利用して、加害者側の保険会社と交渉することにより、より一層ご依頼者様のご納得のいく賠償金額を獲得することができ、加害者側の保険会社と示談を結ぶことができました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら