メニュー

交通事故弁護士

被害者にも過失が認めらる死亡事故で1300万円の増額となった事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

被害者にも過失が認めらる死亡事故で1300万円の増額となった事例

ご依頼者様の症状:
死亡
争点:
過失割合
賠償金額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 3000万円程度 4300万円 約1300万円増額
過失割合 6割以上 4割程度 適切な過失割合

事案の概要

ご依頼者様の息子(事故当時21歳、以下、被害者と言います。)が、片側2車線の道路の左車線をバイクで走行中、右車線から進路変更をした小型トラックの後部に衝突した事故です。
被害者は衝突時に頭部を強く打つなどしていたため、病院に運ばれた後まもなく死亡しました。
相手方保険会社は、事故態様等から本件事故が主に被害者の過失による事故であり、被害者の過失割合が6割以上であると主張しました。そのため、ご依頼者様は、相手方保険会社の主張に納得できないとして、当法人にご相談くださいました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件において、ご依頼者様が最も納得できない点は、相手方保険会社が被害者の過失割合が6割以上と主張して、加害者よりも被害者の落ち度が大きいと考えている点でした。そこで、担当弁護士は、過去の類似事故についての裁判例を調査する等の方法で、相手方保険会社に対して被害者の過失は多くても4割であるとの主張をしました。しかし、相手方保険会社は被害者の過失が6割以上との態度を崩しませんでした。そんな中、交渉中に自賠責保険から死亡事故の賠償金の上限である3000万円がご依頼者様支払われたところ、相手方保険会社は、被害者の損害は3000万円までには至らないと主張し、さらなる支払いには応じませんでした。
担当弁護士は、交渉による解決は困難となったと判断し訴訟を提起しました。訴訟中、担当弁護士は類似事例で被害者の過失が小さいことや、相手方保険会社の主張が根拠を欠く等の主張により、被害者の過失割合が小さいことを様々な観点から主張しました。その結果、裁判官において、被害者の過失は4割程度であるとの心証となりました。そのため、本件は、裁判官の心証を前提に和解で決着することになりました。
最終的な賠償額は、自賠責保険の賠償額3000万円から1300万円程度増額し、合計4300万円程度とすることになりました。 ご依頼者様においても、被害者の過失が加害者よりも小さいことを前提とした結果になったことで、ご納得いただける形での事件終了となりました。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら