メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級14級9号が認定されたことを踏まえて交渉し、約305万円の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級14級9号が認定されたことを踏まえて交渉し、約305万円の賠償金を獲得した事例

ご依頼者様の症状:
腰椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 172万円 305万円 133万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、片道一車線道路の右側にある歩道を歩行していたところ、ご依頼者様からみて右手方向にある脇道から進入してきた相手方車両に衝突されたという事案です。
この事故により、ご依頼者様は、背部打撲、腰椎捻挫、左腸骨打撲、左ひざ外側副靭帯損傷、両足関節捻挫、左仙腸骨関節捻挫等の障害を負いました。
ご依頼者様は、事前認定の結果、腰椎捻挫について後遺障害等級14級9号の認定を受けました。そして、加害者側の保険会社から傷害部分のみの賠償案を提示され、このままの賠償額で示談してしまってよいのか、専門家に依頼する必要を感じられ、当法人にご相談されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、ご依頼者様の症状を聴取し、症状固定時点で痺れや疼痛の症状が中心であったことから、ご依頼者様と相談の上、賠償額の交渉に注力する方針を採りました。
後遺障害等級14級9号が認定されたことを踏まえて、担当弁護士が加害者側の保険会社と交渉したことにより、保険会社からの既払額を除いて約305万円の賠償金を獲得しました。
相手方側損保会社から、事故態様を踏まえた過失割合の主張も予想されましたが、0対100を前提とした協議をすることができました。
加えて、逸失利益については、事故前年の年収額が少なめであったものの、その後の年収が増加傾向にあったこと及び年末の事故であったことから、事故当年の年収額を採用しての算出という、より有利な内容に持ち込むことができました。
なお、このご依頼者様は本件事故の症状固定後間もなくに別の交通事故に遭われてしまいましたが、この2事故目の案件につきましても当法人のサポート(被害者請求)によって後遺障害に関し併合14級の認定を受けることができ、現在、担当弁護士において示談交渉を進めております。

埼玉支部の解決事例一覧はこちら