メニュー

交通事故弁護士

14級9号が認定され労働能力喪失期間が10年間認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

14級9号が認定され労働能力喪失期間が10年間認められた事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
疼痛
神経症状
争点:
後遺障害逸失利益
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害逸失利益 3年間 10年 10年の労働能力喪失期間を主張

事案の概要

ご依頼者様は30代男性で会社員。自転車で走行中に左側方より自動車と出合い頭に衝突したもので、膝蓋骨に骨髄浮腫があり、大腿骨外背側・脛骨外背側に骨挫傷の疑いがありました。

左膝に常時疼痛、階段の昇降や走行時疼痛増強するという症状について「局部に神経症状を残すもの」(別表第二第14級9号)と認定されましたが、損害額(特に後遺障害逸失利益)について争いがある事案でした。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社からの提示内容は、後遺障害逸失利益については労働能力喪失期間について3年間しか認めないというものでした。

そこで、14級9号が認定された事故において労働能力喪失期間を10年以上認定した裁判例を収集し、それらの事案と本件との類似性を書面にて説得し、通常5年以上認定されることはないところ10年という認定をさせることに成功しました。

したがって、ご依頼者様は後遺障害等級14級9号であり過失が1割認定されたにもかかわらず、420万円近くの損害賠償額の獲得に成功しました。

大阪支部の解決事例一覧はこちら