交通事故弁護士

高速道路上で停車中に追突された交通事故で賠償金増額に至った事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

高速道路上で停車中に追突 増額事例

後遺障害等級:
14級
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約135万円 約350万円 約215万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は40代の工員で、高速道路上で渋滞のため停止中に、後続車に追突され頸椎捻挫と診断されました。

後遺障害は14級が認定されたものの、保険会社から提示された賠償額は135万程度であったため、適正な賠償額であるか否か疑問に感じ、ご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

上記保険会社の提示した賠償額は、いわゆる赤本基準に比べて大変低いものでした。

そのため、赤本基準に則り、適正な賠償額を請求・交渉したところ、約6か月で約215万の増額に成功し、約350万円で示談することができました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら