交通事故弁護士

逸失利益の労働能力喪失期間が争いになった事案

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

逸失利益の労働能力喪失期間が争いになった事案

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
耳鳴り
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
労働能力の喪失期間 5年 40数年間 67歳までの逸失利益を請求

事案の概要

ご依頼者様は後方から加害車両に追突され、頸椎捻挫・腰椎捻挫を負いました。

事故後、しばらくしてから耳鳴りの症状が出たため、ご依頼者様は聴力検査などの各種検査を受けましたが異常は見当たりませんでした。

その後も治療を継続しましたが、耳鳴りに関して改善が見られなかったため、後遺障害を申請し、耳鳴りに関して自賠責保険後遺障害等級14級が認定されました。

ご依頼者様は適切な賠償額の支払いを受けるため、専門家に依頼する必要を感じられ、ご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

聴力検査や鼓膜などに異常はみられず、他覚的所見がなかったことから、14級が妥当な認定であることを確認したうえで、賠償額の交渉を行いました。

まず、ご依頼者様は成人していましたが、耳鳴りのために公共交通機関を利用することができず、家族の付添いのもと通院をされていたため付添費を請求しました。

また、後遺障害の逸失利益を請求するにあたっては、他覚的所見はないものの、「むち打ち」とは異なる耳鳴りという障害が残存しており、長期にわたり残存すると考えられたため、労働能力喪失期間は67歳までの40数年間にて請求をいたしました。

相手方保険会社は、当初、認定等級が14級9号であることから、頸椎捻挫のような「むち打ち」と同様であると主張し、労働能力の喪失期間を5年に限定した賠償案を提示してきました。

確かに、「むち打ち」の場合には、逸失利益の労働能力喪失期間は5年程度に限定される傾向にありますが、むち打ちと耳鳴りでは障害の内容や障害が残存する期間が異なると考えられたため、医学書や裁判例を調査し、相手方保険会社に対して、こちらの請求を裏付ける資料を適示し賠償額の交渉をしました。

その結果、訴訟に移行することなく、こちらの主張に則った賠償額にて示談をすることができました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら