交通事故弁護士

異議申し立てにより後遺障害等級が認定された事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申し立てにより後遺障害等級が認定された事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級9号 等級非該当からの認定

事案の概要

駐車場に駐車していたご依頼者様車両に後方から加害車両が追突してきたため、ご依頼者様が頸椎捻挫を負った事案でした。

ご依頼者様は1年程通院された後に後遺障害の申請をしましたが、非該当となりました。

ご依頼者様は、適切な後遺障害等級の認定を受けるためには専門家に依頼して異議申し立てを行う必要を感じられ、ご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、小さなお子様のいる兼業主婦であり、ご自身のためだけに頻繁に病院に通院する時間を確保することが出来ませんでした。

そのため、病院への実通院日数が少なく、主治医の診察を受ける機会も少なかったため、診療録を開示するも、ご依頼者様の自覚症状や医師の所見などの記録はほとんどありませんでした。

また、受傷から症状固定まで同じ薬が処方されており、リハビリの内容も変化がありませんでした。

そこで、ご依頼者様を診察したうえで新たな後遺障害診断書を作成してくださる病院を探し、必要な検査結果が記載された後遺障害診断書とともに、通院日数が少なくなってしまったことや症状固定に至るまでの治療内容を説明した書面を添付し、異議申し立てを行いました。

その結果、頚部痛に関し、他覚的所見はないものの医学的に説明可能なものとして自賠責保険後遺障害等級14級9号が認定されました。

その後、相手方保険会社から14級に基づく後遺障害慰謝料及び逸失利益が支払われ、無事、示談が成立しました。

受傷後の通院頻度や治療内容に問題点が多く、ご依頼者様にお子様がいたため遠出ができず、新たな後遺障害診断書の作成を引き受けてくださる病院を探すことにも時間がかかりましたが、粘り強く準備をしたため、無事に後遺障害等級が認定された事案だったと思います。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら