交通事故弁護士

肩関節の機能障害(後遺障害12級)の増額事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

肩関節の機能障害(後遺障害12級)の増額事例

後遺障害等級:
12級6号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約470万円 約970万円 500万円以上の増額

事案の概要

ご依頼者様は、子育て中の兼業主婦であったところ、交通事故により右鎖骨骨折等の傷害を負い、右肩関節に腱側(左肩関節)の可動域角度の3/4以下の制限が残り、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として自賠責により後遺障害等級12級6号が認定されました。

本件について保険会社から提示された賠償額は治療費を除いて約470万円程度であったところ、ご依頼者様は、相手方保険会社の対応に不信を感じていたこと、賠償額が妥当であるのか否かについて疑問に感じたことから、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご相談前に提示された賠償額は全体的に低額なものであったため、赤本基準で賠償額を算出し、全体的な見直しを求めました。また、休業損害及び逸失利益について、受傷後いつまで、どの程度、家事に支障があったのか、今後の症状の緩解の見通しなどの医学的な面が争点となりました。

そのため、ご依頼者様から家事労働に具体的にどのような支障がいつごろまで生じていたのか聴き取ったうえ、カルテ等の医療記録を取り寄せ、骨折に対して施された処置、固定されていた時期等を確認し、また、家事労働が制限されていた期間、後遺障害診断書に記載された内容の趣旨などについて医師に照会を行いました。

さらに、交渉中、相手方保険会社担当者の対応に問題があり、余計な時間がかかっているのではないかとの疑問が生じたため、上記疑問について保険会社に厳しい態度を示したところ、相手方保険会社側に代理人が就きました。

結果、迅速な交渉が可能となり、500万円以上増額して示談することができました。

ご依頼者様の主張を客観的な資料に基づいて丁寧に主張立証すれば、相手方に代理人が就任した場合であっても、速やかな解決が可能であると実感した事例でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら