交通事故弁護士

自動車の代車費用が争いになった事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

自動車の代車費用が争いになった事例

後遺障害等級:
なし
争点:
自動車の代車費用
対応事務所:
東京オフィス

事案の概要

駐車場で道路に出ようとしたご依頼者様車両に加害車両が衝突し、車両が破損したという事案でした。

ご依頼者様は、車両を修理するために相手方保険会社担当者の指示に従って修理工場に入庫し、レンタカーを使用していましたが、その後、修理箇所や過失割合について折り合いがつかず、修理ができない状態になりました。

そのため、過失割合のほかに、この間に生じていた代車代の負担が問題になりました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様の車両は、事故による外見上の損傷はあったものの、走行自体が不能な状態には至っていなかったため、相手方担当者は、代車代を支払うことはできないと主張しました。

しかし、ご依頼者様は、相手方担当者の指示に従って指定された修理工場に入庫したのであり、その修理工場からレンタカーの使用を認められていたためレンタカーを使用していたのです。

そのため、後になって既に使用された分のレンタカー代を支払うことはできないと言われても納得できない部分があります。

弁護士介入以前にも、ご依頼者様が加入している任意保険会社が相手方保険会社と交渉していたのですが、この点で相手方と折り合いをつけることはできませんでした。

そこで、この点についてどのような理由で相手方の主張に問題があるのかという点について、交渉期間中の代車費用に関する裁判例を示した上で、法律家としての視点を踏まえて書面にして相手方に主張しました。

その結果、相手方保険会社は、紛争の早期解決のために、問題となった代車費用を全て支払うことに応じ、損害賠償の費目を漏らすことなく示談に至ることができました。

この件は、粘り強く主張の正当性を訴えたことが重要だったものと思います。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら