交通事故弁護士

過失割合を無過失に修正した事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

過失割合を無過失に修正した事例

後遺障害等級:
なし
争点:
過失割合
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 2割 無過失 過失減額ゼロに

事案の概要

ご依頼者様は交差点を左折しようと停車していたところ、駐車場からバックで後退してきた車に衝突され、車両の右後方部分が破損しました。

ご依頼者様は、停車していたことから、無過失を主張しましたが、相手方が、ご依頼者様も回避措置をとらなかったことを理由に、ご依頼者様の無過失を認めませんでした。

過失割合が決まらないため、修理が進まず、ご依頼者様は、専門家に依頼する必要を感じられ、ご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、本件は、物件事故扱いであったため、実況見分調書が作成されていませんでした。

弁護士会照会をして、物件事故報告書を開示しても、おそらく有益なものは開示されないと考え、こちらで、双方の主張する事故状況を確認するところから始めました。

ご依頼者様及び相手方の認識する事故状況に大きな祖語はなかったため、こちらが調査した判例をもとに相手方保険会社と交渉を行いましたが、相手方保険会社は、ご依頼者様は事故を回避する措置をとれたはずであるとしてご依頼者様に2割の過失があると主張しつづけました。

そこで、今後のことを考え、事故状況を詳細な記録に残しておくべき必要性を感じ、リサーチ会社に事故状況の調査をお願いすることにし、その事故調査には、相手方保険会社の担当者も立ち会ってもらい、実際に事故現場を目で見てもらうことにしました。

その際、相手方の車両は後ろにスモークガラスが張られていることを相手方保険会社の担当者に示し、後方の確認を怠ったことを認めさせることができました。

担当者の説得により、相手方はようやくご依頼者様の無過失を認めるに至りました。

判例を示しても相手方が動かない場合は、訴訟を視野に入れ、事前に準備をしていくことが大切です。

結果的に訴訟に移行するまでもなく、相手方がご依頼者様の無過失を認めたため、早期に解決することが出来ました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら