交通事故弁護士

右足趾の機能障害等(併合13級)の紛争処理センター事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

右足趾の機能障害等(併合13級)の紛争処理センター事例

後遺障害等級:
13級
14級
争点:
過失割合
逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 3割 2割 過失割合を1割ダウン
逸失利益 5年 12年 67歳までの逸失利益を請求

事案の概要

ご依頼者様は40代の会社員の男性で、バイクで走行中、T字路交差点において右折四輪車に衝突され、左中手骨骨折、右足趾骨折、右肩腱板損傷などの傷害を負い、自賠責により、右足趾の機能障害について後遺障害等級13級が、左手の疼痛について14級がそれぞれ認定されました。

本件について保険会社は、ご依頼者様に3割の過失がある旨主張し、また、逸失利益について5年間分と極めて短期間に制限して賠償額を提示していました。

ご依頼者様は、後遺障害等級が妥当であるのか、賠償額が妥当であるのか否かについて疑問に感じて、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、後遺障害等級については、治療機関等に調査、面談等を行った結果、異議申立ては難しいとの結論に至りました。

過失割合については、実況見分調書を取り寄せ、さらに現場の航空写真などを確認したところ、ご依頼者様に3割の過失がつくのは不当と考えられました。

そのため、粘り強く交渉した結果、物損が3(ご依頼者様):7で解決されていたにもかかわらず、2(ご依頼者様):8として過失協定することができました。

しかし、後遺症による労働能力喪失期間について保険会社が不合理な主張に終始したこと、慰謝料について赤本基準より低いままであったことから、交通事故紛争処理センターへ申立てを行いました。

交通事故紛争処理センターでは、ご依頼者様の右足趾の機能障害は骨折に由来するため生涯残ると考えられること、類似した事案において67歳まで逸失利益が認められている裁判例があることなどを主張しました。

最終的には、交通事故紛争処理センターの担当弁護士より、慰謝料については赤本基準満額、労働能力喪失期間を12年とする和解があっ旋され、上記内容で示談が成立しました。

結果、当初提示額より約400万円増額して示談することができました。

紛争処理センターへ申立てを行ったため時間はかかりましたが、粘り強く交渉し、あきらめないことで、適正な賠償額が得られた事例でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら